浄水器をお風呂に設置するメリット

浄水器は水道水をフィルターに通して余分な物を取り除き水をろ過する機器のことです。

美味しい水を手軽に飲みたい、水道水をより安全に使用したいといったように飲み水を中心に使われていましたが、近年ではお風呂の水道に浄水器を使用している方も多くなってきました。お風呂に浄水器を設置するメリットとしては爽快感があげられます。水道水にはカルキ臭という独特の匂いがあり、気になったことがある方もいるでしょう。機器を利用することによって水道水の残留塩素を取り除き、カルキ臭の発生を防ぐことが可能です。水道水独特の匂いをなくし天然水を浴びるような爽快な気持ちが味わえるでしょう。

また、水道水には残留塩素が含まれています。残留塩素は水道水に雑菌が繁殖しないようにするために必要な物ですが、肌や髪に良くない可能性があります。残留塩素には酸化作用があるため、髪のキューティクルを痛めたり、皮膚のたんぱく質が酸化、分解されることで痛んでしまう可能性もあると言われているためです。

また、個人差はありますが特に敏感肌な方の場合は、肌のバリア機能が低下し角質層の水分不足が招かれ、さまざまな肌のトラブルに繋がってしまう可能性さえあります。浄水器を使用して残留塩素を取り除くことでお風呂のお湯を肌や髪に優しいものに変えることが可能です。このように浄水器には水道水に含まれる残留塩素を取り除く効果があるので、身体に優しい水を作り出すことが出来ます。そのため飲み水だけではなくお風呂に機器を導入する方も増えている傾向にあります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *