浄水器のタイプごとのメリットとは

設置すれば蛇口をひねるだけで安全な水を飲めるようになるというのは、浄水器が持つ大きなメリットです。

ウォーターサーバーやミネラルウォーターと比較してもランニングコストが安いため長期的にはお得ですし、設置やボトルの保管に必要なスペースもいらなくなります。ところが、浄水器にもタイプがありそれぞれに特徴やメリット・デメリットがあるため、場合によっては使い勝手が悪いと感じることもあります。値段が高めのものを設置したのに使いづらいと損ですから、事前にその特徴を理解しておく必要があります。

最も簡単に設置できるタイプの浄水器が、蛇口直結型です。蛇口に取り付けるだけなので工事が不要ですし、価格が安価で入手しやすいのが魅力です。ただし小型なのでカートリッジの寿命が短く頻繁な交換が必要で、そのためのランニングコストがかかりますし交換の手間がかかります。また、安価なものはろ過の性能が低いものもあります。本格的な浄水器を設置したい場合には、浄水能力が高い据え置きタイプがあります。

値段は高いもののカートリッジの寿命は長いのでメンテナンスの手間がかかりません。ただ、本体の設置スペースが必要なので邪魔になってしまうこともあります。ビルトインタイプはシンク下に設置されるので邪魔にならず高い浄水能力を持ちますが、工事が必要ですし設置するための費用は浄水器の中では最も高くなります。そのため、新築やリフォームといった機会に導入するのが向いています。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *