浄水器のメリットである残留塩素の除去

日本の水道水は世界的にも安全性が高く、美味しい水として知られていますが、果たしてこれは本当なのでしょうか。

水道水のもととなるのは川や湖の水、地下水などですが、わたしたちの日常生活で排出される水や企業が排出する水で汚れているために、浄水場でろ過した後、殺菌消毒して水道水として供給されます。殺菌消毒のために使用されるのが塩素ですが、各家庭に無菌状態で安全な水を届けるため使用される塩素は、身体にとっては有害なものです。

きちんと殺菌消毒が行われるためには最低0.1PPM以上の濃度がなければなりませんが、この濃度を維持するためには浄水場から近ければ近いほどこの塩素の残留濃度が高くなってしまいます。これが問題で、都市部や浄水場に近い地域では1PPM前後にもなります。塩素濃度が高いと健康に良くないのはもちろんのこと、アトピー性皮膚炎との関係でも問題視されています。これを少しでも防ぐために、浄水器を使用している人も少なくありません。

浄水器のメリットは残留塩素をほぼ除去することができることです。浄水器でろ過された水は飲み水としても飲むだけでもメリットがありますが、ごはんを炊いたり珈琲のお湯として使ったりすれば、より美味しく仕上がるメリットもあります。さらに肌荒れや髪の毛が塩素によって脱色されてしまったり、傷んでしまったりするのを避けたければ、水道管に直接浄水器を取り付けることでそれらの問題を解決することができます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *