メリットしかない浄水器

日本の水道水はそのまま飲んでも人体に悪影響を及ぼすことはないと言われています。

微量に含まれている塩素も人によっては体に合わなかったり、カルキ臭が気になる人もいるでしょう。蛇口の吐水口のフィルターを取ってみると、けっこう汚れています。水道管の汚れで画像検索をすると一目瞭然なのですが、水道管も年数がたつにつれてだんだん劣化し、内部が錆付き、汚れてきます。汚れの原因は錆のほかにも塩素化合物、鉄バクテリア、菌の死骸などがあります。たとえ日本の水がそのまま飲んでも大丈夫なものであっても、汚れた水道管で運ばれた水は果たして人体に影響がないと言い切れるでしょうか。

また水道管から直接届けられる一軒家はともかく、マンションなどの集合住宅は貯水槽から各部屋に水を供給しています。貯水槽は定期的な点検を義務付けられていますが、それでも意外と汚れているようです。浄水器は、浄水施設から家庭に届くまでの間に汚れてしまった水をきれいにしてくれるメリットがあります。人によってはシャワーヘッドを浄水機能のあるものに換えただけで、肌の状態がよくなったという人もいます。

浄水器もフィルター交換や定期的にお手入れすることも必要ですし、浄水はカルキの含まれている水よりも長持ちはしないというデメリットがあります。しかし水道水をそのまま使うよりもお手入れの手間はあっても浄水器を使って不純物を取り除くほうが、おいしくて安心して水を飲むことができるという大きなメリットがあります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *