浄水器の選び方が大切

浄水器の導入を考えている場合、一つ目の選び方は浄水目的と浄水範囲を考えるということです。

大きな目的は塩素やトリハロメタン、カビといった不純物を除去するということです。その結果として綺麗な水を使用することができますし、水道水特有の臭いや味が軽減されることになります。水は飲んだり調理に使うだけでなく、入浴の時や洗濯にも使うものでしょう。そのためキッチン周りだけ浄水されれば良いのか、家全体で綺麗な水を使いたいのかを考える必要があります。

一般的な浄水器はキッチン周りの水しか浄水することができませんが、セントラル型の浄水器は家全体の水を浄水できることが特徴です。そのため一般的な浄水器にはできないお風呂やシャワー、トイレの温水洗浄、洗濯の水なども綺麗な水を使えるようになります。二つ目の選び方は住まいの環境で選ぶということです。

浄水器によっては住まいの環境に取り付けられないタイプもあります。蛇口直結タイプであっても、蛇口の形状は住居ごとに異なりますし、きちんと確認しておく必要があるでしょう。ビルトイン型やセントラル型などは設置の際に工事が必要となるため、水道工事店や工務店などに相談することになります。三つ目の選び方は利用する期間を考えるということです。初めて設置する場合は蛇口直結型など価格の安いものから試してみると良いでしょう。一度使った上でもう少し良いものを使いたいという場合、他のタイプに変えてみても良いかもしれません。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *