一人暮らしの健康を守る浄水器の必要性

一人暮らしは、食事などが適当になりがちです。

しかし、健康のためには食事は大切な要素なので、一人暮らしであればなおされ意識的に良い食事をとることを心がけたいものです。食事と共に大切なのがお水です。水道水の中には様々な有害物質が含まれており、主なものに残留塩素(カルキ)やサビ、また発がん性物質であるトリハロメタンなどがあります。このトリハロメタンというのは、「クロロホルム」「ジブロモクロロメタン」「ブロモホルム」などの総称ですが、水道水の中に含まれている量は健康に害が出ない0.1mg/L(0.1ppm)以下とすることが水道局の基準で定められているとはいえ不安です。

お水は毎日飲むものですから、たとえ基準以下であったとしても、それが原因でがんを発症しないとは言い切れないからです。そこである人たちは浄水器を取り付けて、これらの有害物質を除去した上で飲料水として使用するわけです。安心安全なだけでなく、コーヒーやお茶を飲むときや、ごはんを炊くときにも、浄水器を通した水で作れば美味しくなるのも魅力です。

一人暮らしのアパートには、初めから水道の蛇口に浄水器が備え付けられている場合もあります。自分で買ってこなくてもすむので便利です。フィルターは定期的に交換しなければなりませんが、浄水器を自分で購入するのが面倒な方にはおすすめです。もちろん、自分が気に入ったものを別途購入するのも良いでしょう。商品によって機能性や有害物質の除去性能が異なりますので、どの程度有害物質を取り除きたいかを考慮して選ぶことをおすすめします。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *