一人暮らしでも浄水器の利用がおススメ!

日本では水道水は浄水施設を通っているので安全ではありますが、それでも健康に害がない程度とはいえ不純物が含まれています。

特にお子さんがいる家庭などでは、きれいな水を使いたいと考える方も多いでしょう。一人暮らしを始める際にも、建物は新しくても水道管は古くおいしい水が飲めないこともあるため、浄水器を利用するのがおススメです。おいしい水を使えば料理も美味しくなりますし、疲れて帰ってすぐにおいしい水をそのまま飲めるのはとても便利です。

一人暮らしなら浄水器をつけなくてもミネラルウォーターを使えば済むのでは?と考える方もいるでしょうが、炊事の時にペットボトルから注ぐのも不便ですし、長期的に見れば経済的にも負担になります。現在はさまざまなタイプの浄水器が販売されていて、ポットやピッチャー型、蛇口にそのままつける蛇口直結型や据え置きからビルトイン型があります。ポット・ピッチャー型は注ぐときに活性炭などのフィルターでろ過しますが、フィルターの寿命が比較的短いのがデメリットです。

蛇口直結になると通常の水道と同じように扱えるので手間もかかりませんし、キッチンシンクに取り付けることでとても便利になりますが、やはりカートリッジ交換までの期間は短めです。据え置き型はシンク回りなどに設置することになりますので、一人暮らしで部屋が狭い場合には設置場所を確保しなければなりませんが、フィルター交換の期間が長めなのがメリットといえます。ビルトインはシンク下に設置し大掛かりになりますので、一人暮らしにはあまり向いていません。浄水器を選ぶときは、自分の用途や設置条件などを考慮して選びましょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *