設置方式を考慮して浄水器の選び方を考えよう

浄水器の選び方を考えるときに忘れてはいけないのが、設置方式やタイプを考えていくという点です。蛇口直結型や据置型、さらにはアンダーシンク型などさまざまな設置方式のものが存在しています。設置方式やタイプごとに料金や特徴などの点に違いがあります。自宅に導入したいと考えているときには、違いを考慮したうえでどのようなものが適しているのか検討していくのも1つの手です。

例えば手軽に設置できる浄水器の選び方で注目するべきものとなるのが、蛇口直結型になります。蛇口の先に直接取り付けるだけなので、簡単に設置できるというのがポイントの1つです。そして直接蛇口に取り付けることで、スペースを取らないというメリットもあげられます。ただしカートリッジのサイズが小さいので、3ヶ月に1度ほどの頻度で交換する必要があります。

一方で浄水器の選び方を考えるとき、据置型を選択したいと考えている方も多くいます。このタイプは本体をキッチンシンク脇などに設置するので、スペースを考えて利用することが大切です。大型フィルターの搭載が可能なので、ろ過能力が高く頻繁にカートリッジの交換が必要ないのもポイントの1つです。ほかにもアンダーシンクタイプの場合には、本体をキッチンの下に置くのでスペースを取らないという特徴があげられます。

このようなタイプ別の特徴を考慮したうえで、浄水器の選び方を検討するようにしましょう。特徴と合わせて金額に注目することも忘れてはいけません。浄水器の選び方のことならこちら

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *