ウォーターサーバーにかかる料金には何があるか

ウォーターサーバーにかかる料金として、サーバー本体のレンタル料があります。これは無料になっているものもありますが、その代わりに定期的なメンテナンスにかかる費用が高くなっていることがあります。ウォーターサーバーは基本的に電気が必要になるため、料金として電気代がかかります。通常の使用をした場合、平均的な金額としては月額1000円以下のものが多いです。

これは電気ポットを使用するときと同程度の金額です。また、節電タイプのものでは500円以下のものもあります。注意点として、ウォーターサーバーの水の冷却・加熱は水の温度を保つだけでなく、雑菌の繁殖を抑制したり殺菌する作用もあります。そのため、電気代を安くしようとして電気を切ってしまうと水の安全性が損なわれます。

水自体の料金も必要です。これは使用される水の種類で変わります。ガロンボトルと呼ばれる、再利用される硬質のボトルを使用するタイプでは水道水や地下水をRO膜で濾過し、不純物を取り除いてからミネラル分などを添加したRO水になります。水の持つ味が失われていますが、安価になります。

使い捨てのワンウェイタイプは天然水が使われており、RO水よりも高価です。水の安全性を確保するための処理は行われていますが、RO水のように徹底していないため水の味が残っています。味を楽しむ場合はこちらが良いです。ウォーターサーバーにはこのような料金が必要になるため、特定の要素だけでなく、全体を考慮して比較します。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *