中古車の価値というのは、自分が決めるものではありません。買い手である業者の裁量で決まると考えていいでしょう。結局のところ、お金を出して買取するのは業者であるため、買取交渉では業者が有利なのは否めません。しかし、売り手が工夫することで、中古車の価値は高めることができます。

価値を低くしてしまう要因には売り手の知識不足もあるのです。これから売却しようとする中古車の価値を知らない状態であれば、買い叩かれてしまうはずです。業者としては100万円の価値ある中古車であっても、100万円で買取しようとはしません。80万円、70万円などと価値を低く見積もってくるものです。

安く買取したほうが業者は利益が出るので、あの手この手で安値を提示してきます。よくある常套手段としては、買取額を上乗せすることで即決させる方法があります。今日中に決めてもらえば、80万円のところを10万円アップの90万円にするなどと押してくるのです。しかし、実際の価値が100万円であれば、結局は業者が得をするわけです。

高く中古車を売却するためには、色々な業者で比較査定を受けていく必要があるでしょう。見積もりを依頼するのが1社だけでは、絶対に本来の価値は見えてきません。少なくとも3社以上と比較していかないと、相場が見えてこないのです。各社により評価額には違いがあり、多くの業者で査定を受けることで、平均額がわかってきます。

当然のことながら、平均額よりも高く売ることを目標にする必要があります。自社ローンのことならこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です