自動車を購入するさいの選択肢は新車と中古車の2つの選択肢があります。新車のメリットとしては、まず誰も乗っていないことであり、メーカー保証を無条件で受けられるという点です。また自由にグレードを選ぶことができますし、メーカーオプションなど工場から出荷される前に取り付けられるオプションを取り付けることが可能という点があります。もちろん、資金に余裕があれば新車を購入するのがもっともベターな方法ですが、そうではない場合にとられるのが中古車です。

中古車といってもピンキリで、販売店などが車両登録をしてしまっている新古車もありますし、年式の古いビンテージもあります。しかし、一般に購入する中古車としては年式は新しいものから5、6年ほどのものが中心になります。中古車のメリットは第一に新車より安く購入できるという点です。また程度の良いものであれば慣らし運転なども不要で車のベストコンディションの状態ものを購入することができます。

一方で、デメリットは前のオーナーの使用状況や整備状況によっては、コンディションがまったく異なってくるという点です。特に年式の古い車両ほどこの差は顕著にあらわれるので注意が必要です。また値段も新車よりは安いとはいえ限定車や中古需要が増大する季節などには値上がりする傾向にあり、必ずしも新車よりもお得に帰るとは限りません。またボディカラーやグレードといったものの選択肢がないのも新車との大きな違いになります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です