レモン市場というのがあります。要するにレモンのような販売市場という意味であり、これは食べてみるまで酸っぱいかどうかわからないことを表現しています。その代表的な商品といえるのが中古車市場です。専門的な知識があれば、どの程度の劣化なのかわかりますが、素人にそれは不可能です。

その為、良い中古車なのか、価格は適正なのか、と言うことがわからないわけです。中古車と言うのはそうした商品になります。これらのリスクを回避するには、信頼できる業者を見つけるか、或いは自力で知識を得るしかないです。知識があれば、自分で良し悪しを判断できます。

しかし、相場がどうなのか、ということまで判断をするのは難しいです。結局のところ、業者を信用できるかどうか、と言うことが重要になります。中古車に関して言えば、それがとても重要な要素になります。しかし、そこまでして、どうして中古で車を買うのか、と言う点があります。

それは安いからです。中古車の購入の時に注意するのは、安いから悪いわけではなく、逆に高いから悪いわけでもない、と言う点になります。そのあたりが難しい買い物になります。高いのであれば、良い物であるだろう、と言う推測は危険です。

別に定価はありますが、中古である以上、何割かは下がっているのが相場です。その相場に対して相応しいのかどうかが車体の状態によって違うからです。その為、価格がいまいちはっきりとできない商品市場になります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です