貸金業者のカードローンを利用するときには、在籍確認という他の融資のサービスにはない審査を受けなくてはなりません。基本的に、銀行からお金を借りるときにはお金を借りる人がきちんと収入を得ているかどうかを確認するために収入証明書などの客観的な証明書を提出させることが基本となっています。収入証明書を準備することはかなり面倒な作業で、下手をすれば家族などにお金を借りることが知られてしまうことになります。しかし、貸金業のカードローンではこうした証明書の提出が求められることはありません。

その代わりに、在籍確認という会社への電話の確認一本で収入の証明をしなくてはならないようになっています。在籍確認の電話の確認先はあくまでも会社であって本人ではありません。アルバイトやパートをやっている人はその職場の先ですし、正社員ならばその勤務先になります。直接的に貸金業者から電話がかかってくることに関して不安を覚える人もいますが、この電話の確認によって融資の申込をした人が会社に対してお金を借りることが知られることはないので安心して問題ありません。

在籍確認によって電話が行われるときには、貸金業者の方は自身から貸金業者であるという身分の証明を行いません。架空の会社の名前を出したりしてごまかしながら聞いてくれますので安全なのです。しかも、在籍確認で本人のプライベートな情報を聞かれるわけではなく、あくまでも本当に会社にいるかどうかを聞くだけなので審査にかかる時間も1分程度です。この電話はデメリットになることはないので安全にカードローンを利用できるでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です