貸金業のカードローンの利息の上限はどのようにして決定しているのでしょうか。カードローンの利息や融資の範囲というのは、ある程度は貸金業者が設定することが出来ます。しかし、一定以上の金額や利息でお金を貸すことが出来ないというのを決めているのはお金を貸す会社ではなく法律であるということを知っておかなくてはいけません。実際に、カードローンの利息の上限は利息制限法という法律によって明確に決められていますので、それ以上の利息を勝手に設定することはお金を貸す貸金業者であっても認められていません。

具体的には、キャッシングにおける融資の金額によって利息の上限は決められています。例えば、お金を貸す金額が20万円であった場合には法律によって上限の利息は18%と決められています。こうした金額による上限を決めておくことによって融資の金額が上がれば上がるほど利息の範囲を小さくしていくことができるようにしています。特に、キャッシングにおける利息の問題は過去に過払い金問題という大変大きな問題を引き起こしてしまいましたので、行政の方も厳しく監視しています。

過払い金問題は、利息に関するグレーゾーンという金利の範囲の問題によって生じたものであるためこうした問題が二度と起きないように法改正が行われて厳格な基準のもとに利息の設定が行われています。実際に、近年サービスを提供している会社の中には銀行の傘下に入って経営を行っている格の高い貸金業者もあるくらいなので信用性は高いわけです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です